【大阪】ハウスクリーニングのお見積り前に確認したい基礎知識

ハウスクリーニングは快適な住環境の維持に役立つサービスです。大阪でもエアコンやフロアなどをキレイにするため、ハウスクリーニングを利用する方は多くいらっしゃいます。

その一方で、夏や冬に活躍するエアコンや日頃から肌が触れるフロアは、自分でもこまめにお手入れすることができます。ハウスクリーニングのお見積りを依頼する前に、自分でできるエアコンやフロアのクリーニングに関する基礎知識を押さえておきましょう。

【大阪でハウスクリーニングのお見積り】エアコンクリーニングの基礎知識

夏場や冬場の必需品であるエアコンですが、シーズンを終えた後にお手入れは行っているでしょうか。フル稼働後のエアコンは内部をはじめ、様々な部分に汚れが蓄積しています。その汚れを放置してしまうと、エアコン本体の寿命を縮めたり、機能を低下させたりする可能性があります。

さらに、通常のハウスクリーニングで対処するのが困難になり、生活する方々の健康にも悪影響を及ぼすリスクが考えられます。そのため、日常的にお手入れを行ってエアコンをキレイな状態に保つことが重要です。

【大阪でハウスクリーニングのお見積り】エアコンのお手入れで用意したい道具

フィルターのお手入れがされているエアコン

自分でエアコンのお手入れを行う場合、掃除の範囲は主にフィルターや吹き出し口、ルーバーなどが挙げられます。それぞれどのような掃除道具が必要になるのでしょうか。

フィルター

フィルターは埃などが溜まりやすい部分です。汚れによって目詰まりするとエアコンの効きが悪くなり、快適な住環境を維持できません。お手入れに使用する道具としては、埃を吸い取るための掃除機をはじめ、古い歯ブラシ、台所用中性洗剤、乾いたタオルがあります。

吹き出し口

エアコンからの空気が出てくる吹き出し口は、カビが発生しやすい部分です。ただし、表面についている状態なので、拭き掃除で比較的簡単に落とすことができます。お手入れの道具は、割り箸、キッチンペーパー、輪ゴム、台所用中性洗剤などです。

ルーバー

ルーバーもカビが発生しやすい部分のため、こまめな掃除が必要です。吹き出し口と同じように、割り箸、ウェットティッシュ、輪ゴム、台所用中性洗剤などを使用します。

エアコンのお手入れ道具は家にあるもので揃えることができます。汚れが天井やフロア、壁などに飛び散るのが心配なときは、ごみ袋や養生テープなどを用意しておくと養生できるので安心です。

【大阪でハウスクリーニングのお見積り】自分でも行えるエアコンのお手入れ方法

エアコンフィルターの掃除をする業者

エアコンはどのような方法でキレイにするのかと、お悩みの方もいらっしゃるでしょう。こちらでは、エアコンの一般的なお手入れ方法についてご紹介いたします。

お手入れの前の準備が必須!

エアコンは電化製品です。電源を切らずにいると、お手入れ中に感電や漏電などの危険性が生じます。リスクを回避するためにも、まず電源をオフにしてコンセントを抜くことが重要になります。また、フィルターを取り外す前に、掃除機でエアコンの周辺に溜まっている埃などを吸い取ることもポイントです。あらかじめ埃などを除去しておけば、フィルターを取り外す際に汚れが飛び散らずにすみます。

フィルターのお手入れ方法

フィルターの取り外し方は機種によって異なります。取扱説明書に沿って正しい手順で取り外しましょう。その後、フィルターに付着した埃を掃除機で表側から吸い取っていきます。水洗いするときは裏側から行います。汚れが落ちないときは歯ブラシを使ってかき出しましょう。乾いたタオルで水気を十分に拭き取ったら、日陰で乾燥させます。完全に乾いたら、再度正しい手順でエアコンにフィルターを取り付けて完了です。

吹き出し口・ルーバーのお手入れ方法

吹き出し口やルーバーは基本的に手の届く範囲をお手入れします。ウェットティッシュや除菌シートで、丁寧に埃を拭き取ります。また、隙間の埃を取り除く際は、お掃除棒を使うのもおすすめです。割り箸などの細い棒状のものにウェットティッシュや除菌シートを巻き付け、輪ゴムで留めるだけで簡単に作れます。

エアコンは自分でもお手入れできる一方、内部に溜まった汚れを取り除くのは故障や怪我などのリスクがあります。そのため、安全にエアコンをキレイな状態にしたいときは、ハウスクリーニング業者に依頼することをおすすめします。

【大阪でハウスクリーニングのお見積り】フロアクリーニングの基礎知識

フロアは毎日のように掃除をしていても汚れやすく、埃やゴミなどが溜まっていることも少なくありません。キレイな状態を維持するには、フロアが汚れる原因などについて知ることも大切です。フロアに関する知識を押さえておくと、日々のお手入れに役立てることができます。

また、ハウスクリーニングを検討した際に、お見積りの比較などを行うときに参考になります。こちらでは、フロアが汚れる原因をはじめ、フロアの構造についてご紹介いたします。

【大阪でハウスクリーニングのお見積り】フロアが汚れてしまう原因

埃で汚れたフロア

フロアが汚れる原因は様々ですが、主に以下のようなものがあります。

皮脂

フロアが汚れてしまう原因として、足や手の皮脂が挙げられます。フロアは体が直接触れる場所であり、裸足で歩き回った際に足裏の皮脂が付着します。また、フロアに寝転んだときに手の皮脂がつくこともあります。皮脂による影響はフロアのベタつきをはじめ、空気に触れることで酸化して黒ずみに発展するなどです。皮脂は蓄積しやすい汚れのため、日常的な掃除が必要といえます。

そもそも埃は、衣服などから出た糸くず、砂、抜け落ちた髪の毛やペットの毛など、身の回りにあるものが混じり合うことで生じます。これらは常に空中を漂っており、人が活動している間は舞い上がった状態です。就寝時など、人の活動が少ない時間帯になると下に落ちていき、フロアに蓄積してしまうのです。

カビ

湿気の多い窓際などはカビが発生しやすいです。また、フロアにカーペットや布団などを敷いている場合、吸収された汗や髪の毛、皮脂などでカビが繁殖しやすい環境になっていることがあります。フロアにカビが根付いていると、日常的な掃除で落とすのが難しいケースも少なくありません。

水滴

フロアにとって水滴は大敵といえます。飲み物などをこぼした際に拭き取りや乾燥が不十分だと、シミやムラ、変色などの原因となります。また、素材自体の劣化を引き起こしてしまい、フロアにひび割れや反りなどが生じるおそれがあります。

油汚れ

キッチン周りのフロアは油による汚れが多く見られる場所です。調理中に油が飛び散り、フロアの表面を汚してしまうのです。油汚れは黒ずみの他に、埃と混ざり合うことでワックスを変色させる原因にもなりかねません。

【大阪でハウスクリーニングのお見積り】フロアの構造とは?

木製フロア

思った以上に汚れているフロアをキレイにするためには、構造について理解したうえでハウスクリーニングを行うことがポイントです。フロアの材質は主に2種類あり、複合素材と単層素材に分けられます。

複合素材

合板などの基材や化粧板など、複数の板を重ねた構造のフロアです。塗装などで表面をコーティングされているため、傷や凹みがつきにくい、水分や収縮に強い、ワックス不要といった特徴があります。そのため、複合素材のフロアは比較的お手入れがしやすく、掃除機がけや雑巾での乾拭きでもキレイになります。ただし、薬品が含まれる化学モップなどは変色を引き起こす可能性があるので、注意が必要です。また、高温のスチーム掃除機なども使用は避けましょう。

単層素材

いわゆる無垢材と呼ばれるもので、天然木の1枚板から作られたフロアです。吸湿性や保温性に優れており、質感や風合いの良さも魅力として挙げられます。一方で複合素材と比べると、傷や汚れが付着しやすいという面があります。そのため、乾拭きが基本のお手入れ方法です。しつこい汚れに関しては、水を含ませた雑巾を固く絞ってから拭き取ります。その後、水分が残らないよう十分な乾拭きを行い、しっかりと乾燥させることが重要です。

日々のお手入れが欠かせないフロアですが、どうしても対処できないことも少なくありません。また、ワックスなどの塗り直しが必要になる場合もあります。自分でのフロアの掃除やメンテナンスが難しいときは、ハウスクリーニング業者の活用を検討してみてください。

大阪でハウスクリーニングのお見積り相談なら株式会社エフ・スタイルへ

大阪でハウスクリーニングをご希望の際は、株式会社エフ・スタイルまでお見積りをご相談ください。エアコンやフロア、カーペット、照明器具など、ご家庭をキレイにするためのハウスクリーニングに対応しております。

長年にわたり培ってきた経験を活かして、通常のお手入れでは難しい頑固な汚れもしっかりと落とします。お見積りのみのご依頼にも丁寧に対応させていただきます。大阪をはじめ、関西一円でのハウスクリーニングならぜひお任せください。

エアコン・フロアの料金見積り依頼受付中!大阪のハウスクリーニング業者 株式会社エフ・スタイル

会社名
株式会社エフ・スタイル
代表取締役
森岡 浩光
資本金
3,000,000円
住所
〒636-0223 奈良県磯城郡田原本町鍵119−1
大阪支店住所
〒546-0003 大阪府大阪市東住吉区今川4丁目14−4
電話番号
リサイクル事業部: 0120-240-531
ハウスクリーニング事業部: 0120-777-261
自動車販売事業部: 0744-46-9356
FAX番号
0744-46-9357
ハウスクリーニング事業部